So-net無料ブログ作成
検索選択

アンダーワールド ビギンズ [映画]

シリーズの起源を描く.....

ライカンの始祖ルシアンと、
シリーズを通して諸悪の根源であるビクター
娘のであるソーニャの悲恋を中心に、
ヴァンパイアの奴隷とされていた狼族の蜂起を描いてます。
 
まぁありきたりの展開ではありますが、
あの世界観がすきならオススメかも。
でも前2作程、アンダーワールドらしさは無いですね。
 
アクションシーンも普通。
ルシアン演じるマイケル・シーンは頑張ってますが。
一方ソーニャ演じるローナ・ミトラは
ケイト・ベッキンセールに似てるっちゃ似てるけど、
断然後者の方がキレイ
ドゥームズデイの印象が強いです。
 
ただ一点。
ソーニャが処刑されるシーン。
その後、ビクターへ対する怒りで狼に変身するなら
処刑される前にすればいいのに。
 
 
映画とは関係ありませんが、
何とマイケル・シーンはケイト・ベッキンセールとの間にお子さんが居ましたが、
ケイトがアンダーワールドの監督とデキちゃったから別れちゃったって(+o+)
前後は判りませんが、マイケル・シーンよくこの映画に出たなー。

nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:映画

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。