So-net無料ブログ作成
検索選択

藁の楯 [映画]

原作を読まずに観てみました。

自分は読む前だったので、結構楽しめました。
 
逆に観てからだと原作を読む気が、今はしません。
何か面倒臭くて^_^;
 
キャストはSP二人に大沢たかおと松嶋菜々子。
刑事役に岸谷五郎と瑛太の弟?永山絢斗、伊武雅刀。
異常幼児殺人犯・清丸に藤原竜也。
その清丸に孫娘を殺され
10億円もの賞金をかけた財界の大物に山崎努。
 
原作を読んだ方は、それぞれのイメージがあって
キャスティングにはいろいろ意見がある様ですが
自分的にはOKでした。
 
藤原竜也の救い様の無い極悪さは秀逸で
最近読んだ「マリアビートル」の王子か?!
 
この大事なものを殺された人の復讐心は
人間自体への永遠の問いかけでしょうか?
最近、その手の小説(前述の「マリアビートル」)や
映画を観るのが何故か続いてますが
ウチのカワイイ息子ちゃんに置き換えると
「自分な必ず...」と思っちゃいますね(-"-) 
 
ストーリーは、警察国家の威信をかけた殺人犯の
本庁への護送と、10億円に目がくらんだ人々との攻防ですが
善良な一般市民や警察関係者が清丸殺害を目論む所が
この作品の斬新な所でしょう。
 
銃撃シーンは、まぁまぁの出来ですが
展開は少し無理がありましたね。
いくら4台のダミーがいたって護送車がゾロゾロ....
被害者の父親が偶然遭遇?タクシーも偶然?
 
ま、それを補う緊張感がある一方で
それ位の「ガス抜き」がないと疲れちゃいますかね。
 
もう少しエンターテイメント性を強くするなら
10億円に目がくらんだ一般市民暴徒や
ヤクザやネット若者が襲ってくる等があっても良かったのでは?
 
特に思ったのが、もっとヤクザが襲ってきたって不思議じゃないのに。
ヘリ買い込んで空から電車を襲撃したって
10億円貰えれば元取れるだろうに。
あ、でも成功しても支払が警察から阻止されちゃうかな?
 
一点納得いかないというか残念なのが
一行の居場所をリークしたた者が発覚するシーン。
今までの作品でもよくみる、あの役者のあの表情^_^;
あれでその直後のシーンで発覚....ってのはなぁ~
もうちょっとドラマティックにして欲しかったなぁ。
 
エンディングも氷室?は嫌いじゃないですが
何か作品が一般エンターテイメントに成り下がった気が。
エンドロールは余韻を楽しむためにも大事だと思いますが
最近の映画館では、殆どの観客がすぐ退場しちゃいますよね。
 
 
ま、原作を読んでいない方は楽しめる映画だと思います。
次々と倒れていく護送グループは熱くさせますし
緊張感も程よくある作品だったと思います。 

nice!(1)  コメント(1) 

nice! 1

コメント 1

ひろくん

makimakiさん、nice!ありがとうございます。
ネット上の感想は否定的なものが多かったですが.....
by ひろくん (2013-11-17 18:10) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。